生活情報

インターネット費・水道費支払い方法

現在(2021年10月)コロナウィルスの影響で日本からの入境の際はまだ14日間の隔離が必須になり、
台湾へお帰りの際インターネット費用の未払い等あるのではないでしょうか。
月額支払いを習慣でしている方が多くたまに長期出張等で1ヵ月程お部屋を空けるとお忘れになるのではないでしょうか。
そんな時の為、今回は期限が切れたインターネット費用と水道代の支払いについて記載致します。

■インターネット費用支払い


①こちらの「儲值/繳費」を押します。


②こちらの「有限電視」を押します。


③こちらからお部屋の該当する地域をお選び下さい。


④こちらの中から現在ご契約中のネット会社を選んでください。


⑤こちらに振込明細に記載されている「身份證號碼」をご記入下さい。

この手順で記入すると、レシートが出てきますので、そちらをレジへお渡しし支払いが終われば完了です。
もしご心配の場合は、インターネット会社へ支払い完了の旨をお伝え頂ければ約10分後にはインターネットが使えるようになります。

■水道代の支払い


②上記インターネット同様「儲值/繳費」を押して頂き次は「政府代收」を押します。


③こちらから「政府規費・水費」を押します。


④こちらから振込明細に記載されている水道局をお選び下さい。台北には「台北自來水」と「台灣自來水」がございますので
ご注意下さい。


⑤こちらに支払い明細に記載されている「水號」を記載下さい。

この手順で記入すると、インターネット費用と同じようにレシートが出てきますのでレジにてお支払い下さい。

この7-11にあるibonはとても便利なもので、台湾人は皆さん使用したことがある機械です。
日本では馴染みの無い機会かもしれませんが、ご使用頂くと携帯電話代も支払えます。

0 が考える「インターネット費・水道費支払い方法

コメントを残す

ja日本語