入居トラブル

アフターサービス(鍵編)

■鍵の不具合
台湾でもオートロック、カードキー、物理キー、指紋認証等があり、中でもカードキーと物理キーが多いです。

①イン・キー
一番多い問題はオートロックの部屋でカードキーをお部屋の中に置いた状態で部屋から出てしまう事です。
サービスアパートメント等であれば鍵がサービスアパートメントで管理されている為その日の内に解決できますが、
一般のコンドミニアムの場合、オーナー様へ依頼をしなければならないです。
日曜日に事態が発覚した場合オーナー様も台北にいない場合が多く、弊社でも対応が出来ない事が多くございます。
その際は鍵を開ける業者を呼び、鍵を壊して明けなければならずその際の費用は入居者様ご負担となります。
オーナー様にもよりますが、出来る限り入居立ち合い時に最低2つ鍵を貰い、1つは会社内に置く等でご対応頂きたく存じます。

②オートロックの電池切れ
台湾のオートロックは電池式になります。
1年に1度交換の時期が来まして、開錠時に赤いランプが点滅する或いはいつもとは違う音が鳴る等して警告されます。
電池を交換せず電池が無くなると鍵が開かなくなります。
上記同様業者を呼び鍵を開けなければならなくなりますのでご注意ください。
オーナー様が緊急時の物理キーを持っており、オーナー様が台北におりお部屋まで来ていただける場合はその必要はございません。

ja日本語