生活情報

アフターサービス(退去編)

■退去立ち合い
台湾ではお部屋の退去時は同様にオーナー様と立ち合いがございます。
退去立ち合いでは入居立ち合い同様に台湾と日本の習慣の違いから小さなトラブルが発生する事が多くございます。

退去通知を頂いた後の流れは、

退去通知→お引越し→退去清掃→退去立ち合い

となります。

①退去時清掃
台湾でほぼ必須となる事が退去清掃です。日本同様台湾でも退去時に入居時と同じ程度まで清掃が必要となります。
もし清掃をしていない場合、敷金から清掃費を引かれてしまう事がございますので、荷物の運び出しからご帰国まで
時間が取れない場合は、清掃業者へ委託される事をお勧め致します。

②電球の修理
ご入居から退去まで凡そ1~3年の間で電球が切れる事がしばしばございます。
基本的に台湾でも消耗品の取り換えは入居者様の御負担となります。
退去立ち合い時に電球の球が切れている場合は、敷金から引かれる対象となりますのでご注意ください。

③家具家電の傷や故障
ご入居中に何かしら傷が出来たり故障する事がございます。
その際は、その都度で御連絡ください。もし退去立ち合いの際突然故障が多くみられるとオーナー様の心象を悪くし、
敷金から修理費を引かれてしまう事がございます。
細かいですが、都度御連絡頂きオーナー様へお伝え頂くと修理費を引かれる機会を少なくする事ができるかもしれません。

④ウォーターサーバーの返却について
稀にウォーターサーバーの返却をされていない方がいらっしゃいます。
台湾の商品ですと返却される際サーバー本体を段ボールに包み、1Fの管理人の所へ預ける等の作業が必要となります。

⑤お引越しの準備
日本へのお引越し或いは、台湾から別の国へご赴任される方は下記お引越し会社様へご相談頂くと便利です。
日本語や英語でご予約等も可能です。

・台湾ヤマト―サイトへ
皆様おなじみ「黒猫ヤマト」の物流会社様です。
台湾ではお引越し時に出るピアノや洗濯機等の不用品回収もされております。

・台湾日本通運-サイトへ
お引越しと言えば「日通」今では世界に37か国展開しているグローバル企業様です。

・クラウンライン―サイトへ
日本人の海外引越を主にされており、東南アジアに幅広く展開している物流会社様です。
台湾でもお見積りやお荷物梱包等も日本人のスタッフの方が同行してくれ安心です。

⑥暗証番号の設定
現在新しい建物はカードキーや暗証番号で開く鍵が増加している傾向にございます。
退去立ち合い前にご帰国され、代理の方が立ち合いされる際は秘書の方や管理部の方へ暗証番号を伝え下さい。

ja日本語